お知らせnews

平均出力200WのYW-200をリリースしました!!

パルスYAGレーザーのT-LASERは金型補修に特化したレーザー溶接機として開発しました。長年の経験から平均出力150Wを最適な出力と判断し、あえて一つの出力帯として販売を開始しました。150Wを選択した理由としては、スチールワイヤーではφ0.1〜1.0mmのワイヤーサイズに対応しており、超精密溶接〜ハイパワーを必要とする幅広いニーズをカバー出来るためです。50Wでは細い線径にしか対応出来ず、出来る仕事が限られてしまいます。300Wクラスでは販売価格が高額となりメンテナンス設備の投資金額として負担が大きすぎると判断したからです。

 

自社の金型補修を内製化する場合は150Wで十分だと思っています。しかし、レーザー溶接の受託加工をしている溶接業者様からの引合いが増えており、よりハイスペックを求める声を頂くようになりました。レーザー溶接を仕事とする場合には少しでも時間短縮をする必要があります。そのため、この度平均出力200Wをリリースしました。

 

レーザー溶接加工をビジネスとしている溶接業者様、自社の内製化用として太いワイヤーサイズをハイスピードで溶接したい企業様は、是非とも平均出力200WのYW-200シリーズをお試しください。