テラスレーザー株式会社|テラスレーザーは、レーザー溶接機の設計・製造・販売からメンテナンスまでを行う総合メーカーです。

テラスレーザーは、レーザー溶接機の設計・製造・販売からメンテナンスまでを行う総合メーカーです。

CASE STUDY

活用事例

機械部品・打痕部への肉盛補修

使用機種YW-150X
ワーク情報

SKD-61(焼入れ)

ワイヤー情報

SKD-61 φ0.4mm

着眼点

機械部品に打痕が発生してしまった。通常なら廃棄して新しく作り替える。肉盛補修をしてもヒケが発生してしまったり、耐久性がなくもたないという意識があった。レーザー溶接はしっかりと母材と溶接材料を合金化でき、尚且つ低熱入力のため残留応力を極めて少なく出来るため、テストをすることになった。

改善点

ヒケを発生させずに肉盛補修は完了。密着性も良いため、新規製作品と遜色ない生産が可能となっている。

加工上の要求事項

ヒケNG。耐久性がないのは困る。

他への適用

生産現場では今回のように打痕やカジリ傷・摩耗などで機械部品を作り替えているケースがある。機械部品自体のコストと肉盛量によるが、レーザー溶接なら高品質な肉盛補修が出来るため、問題が発生した場合には再生補修を行う。

効果・メリット

従来は新規製作をしていたので材料費・加工費とそれが完成するまでの納期がかかっていた。レーザー溶接をして再生補修することで、1/20のコスト削減に成功した。